会社情報

沿革

ホソカワミクロン 100年の歩み(動画) 

 

 

1916年(大正5)4月 細川永一が大阪タービン水車製造所(大阪市)を創業
微粉砕機「ミクロンミル」を発明 1930年(昭和5)3月
  1949年(昭和24)8月 株式会社細川鉄工所に改組
超微粉砕機「スーパーミクロンミル」を発明 1952年(昭和27)3月 スーパーミクロンミル

コラム

創業者と粉体技術のかかわり

創業したときの社名は「大阪タービン水車製造所」となっていました。文字通り水車やタービン...(もっと読む

コラム

創業者 細川永一のエピソード

細川永一は1889(明治22)年、兵庫県淡路島の津名郡(現:洲本市)中川原町に生まれました...(もっと読む

コラム

一つの発明が一地方の産業の隆盛に寄与

微粉砕機ミクロンミルは化粧品、医薬品、鉛粉、染料、顔料、塗料など様々な分野で使われました...(もっと読む

ミクロンセパレータ 1955年(昭和30)9月

分級機「ミクロンセパレータ」を発明

粉体工学専門誌「粉砕」を創刊

1957年(昭和32)10月 粉砕誌
粉体工学研究所 1958年(昭和33)9月

細川粉体工学研究所を設立

コラム

粉体工学とのかかわり

この頃は「粉体に関わりを持つ科学者、技術者の討論と研鑽の場」である粉体工学会は粉体工学研究...(もっと読む

ホソカワミクロンインターナショナルLtd.(イギリス)設立 1960年(昭和35)2月  
集塵機 1962年(昭和37)1月 パルベライジング・マシナリー社(アメリカ)とクロスライセンス契約を締結し、乾式ろ過集塵装置「マイクロパルスエアー(現在のパルスジェットコレクタ)」等を導入
ナウタミックス社(オランダ)とクロスライセンス契約を締結し、混合機「ナウタミキサ」を導入 1963年(昭和38)5月 Nautamix

コラム

たった一人の日本人による欧州進出

欧州への進出は二人の外国人を抜きにしては語れません。一人はもともとスイスの企業との技術提携...(もっと読む

パウダテスタ 1969年(昭和44) 総合粉体評価装置「パウダテスタ」を発明
ホソカワミクロン株式会社に商号変更 1980年(昭和55)10月  

コラム

ホソカワミクロンと測定機の関わり

物を扱うときには、その性質を数値化して理解することが必要です。例えば長さや重さ、硬さなどが...(もっと読む

HOSOKAWA NAUTA 1982年(昭和57)8月 ナウタミックス社(オランダ/混合機専門メーカー)を買収
英文粉体工学専門学術誌「KONA」を創刊 1983年(昭和58)10月 KONA
US Filter Systems 1985年(昭和60)3月 USフィルターシステムズ社(アメリカ/アメリカ最大の粉体処理装置メーカー)を買収
大阪事業所に技術開発センター完成 1986年(昭和61)3月 技術開発センター
HMII 1986年(昭和61)10月 ホソカワミクロンインターナショナルInc.(アメリカ/海外統括会社)を設立
微粒子複合新素材創造技術「メカノフュージョン」を発明 1987年(昭和62)8月 メカノフュージョン
ALPINE 1987年(昭和62)11月 アルピネ社(ドイツ/欧州最大の総合粉体機器メーカー)を買収 超微粉機「カウンタージェットミル」を導入

コラム

M&Aと粉体技術連峰

当社がM&Aによってグループに加えてきた企業の多くは、もともとクロスライセンス契約によって...(もっと読む

コラム

M&Aこぼれ話

現在ではユーロに統一されてしまったために無くなった貨幣単位の一つに、オランダのギルダーが...(もっと読む

大阪証券取引所へ株式を上場 1989年(平成元)6月 大証上場
HPTF 1991年(平成3)12月 (財)ホソカワ粉体工学振興財団を設立
ビーペックス社グループ(アメリカ/造粒装置・製菓装置メーカー)を買収 1992年(平成4)1月 Bepex
奈良工場 1992年(平成4)6月 奈良工場完成
東京証券取引所へ株式を上場 1992年(平成4)8月  
つくば技術開発センター 1993年(平成5)4月 つくば粉体技術開発センター完成
ホソカワミクロンマレーシアSdn Bhd.(マレーシア)設立 1995年(平成7)2月 HMM
HMK 1996年(平成8)6月 ホソカワミクロン韓国Ltd.(韓国)設立

コラム

東南アジアへの進出

当社の国際化はM&Aによる展開が注目されがちですが、最初に海外で企業を設立する4年前、1956...(もっと読む

ISO9001を取得 1998年(平成10)9月  
  2000年(平成12)10月 グループ全社を統括する世界本部機構を日本(大阪本社)に設置
PLGAナノ粒子を用いた材料ビジネスを開始 2004年(平成16)2月 ナノ粒子を使った化粧品 ナノクリスフェア

コラム

ナノテクを使った材料ビジネスの始まり

ナノテクノロジーという概念はナノサイズのものを扱う、あるいは利用する技術であり、1959年の...(もっと読む

HMS 2005年(平成17)8月 ホソカワミクロン上海有限公司(中国)設立
PLGAナノ粒子を用いた育毛剤「ナノインパクト」を販売開始 2006年(平成18)4月 NanoImpact
HMIndia 2007年(平成19)4月 ホソカワミクロンインドPvt.Ltd.(インド)設立
ホソカワアルピネ(ドイツ)の生産設備を増強 2008年(平成20)4月  
グラシス 2011年(平成23)8月 高冷却型機械式微粉砕機「グラシス」を発明

コラム

エネルギー削減を見据えた開発の本格化

エネルギーの使用の合理化に関する法律、いわゆる省エネ法が1979年に制定されています。この年...(もっと読む

ホソカワミクロンサンクトペテルブルクOOO(ロシア)設立 2012年(平成24)4月 HMR
  2012年(平成24)7月 アンマン(ヨルダン)に駐在員事務所開設
高温気流乾燥機「ドライマイスタ Hシリーズ」を開発 2013年(平成25)2月 DMR-H
東京支店 2013年(平成25)4月 関東地区の事業所を統合した新東京事業所(千葉県柏市)完成
化粧品・育毛剤販売会社を子会社化(子会社化の後、ホソカワミクロン化粧品株式会社に社名変更) 2014年(平成26)9月
HKG 2015年(平成27)1月 アントン コルブ社(ドイツ/フィルム引き取り・巻き取り装置メーカー)を買収
製菓関連事業を売却 2015年(平成27)9月  
100th Anniversary logo 2016年(平成28)4月 創業100周年

コラム

創業 100 周年

100周年を迎えた2016(平成28)年、当社でも様々な催しが行われました。創業100周年記念誌の...(もっと読む

欧州グループ会社を通じてブラジルにダイナミックエアーLtda. Brazilとの合同出資により受託加工会社 SAPS Ltda.を設立 2019年(令和元)7月 SAPS
  2019年(令和元)10月 タイ販売子会社 現地法人 Hosokawa Micron (Thailand) Co., Ltd.を設立
ホソカワアルピネ社を通してソリッド ソリューションズ グループ (空気輸送や供給排出などマテリアルハンドリング技術のシステム・エンジニアリング、および関連製品の製造、販売を提供。ドイツ2社、スペイン2社) を買収 2020年(令和2)1月 HSS
  2020年(令和2)3月 ホソカワアルピネ社 ポーランド現地法人 Hosokawa Alpine Poland Sp. z o.o.を設立
ホソカワ受託加工株式会社を設立 2020年(令和2)10月
新・大阪工場 2021年(令和3)1月 新 大阪工場 竣工

コラム

新しく生まれかわった本社工場

本社工場の建て替えが始まったのが2018(平成30)年11月でした。工場機能を停止させることなく...(もっと読む