製品

クリーンルーム

アイソレータ/グローブボックス

Fig.1 アイソレータの例

Fig.1 アイソレータの例

概要

高薬理活性医薬品や毒性の強い化学薬品、人体および周囲環境に悪影響をおよぼす可能性のあるナノサイズの原料を扱う研究開発、製造工程では、これらケミカルハザード物質(危険・有害物質)の飛散による曝露の危険性を低減するため、設備や装置の隔離した区域への設置や、作業者の特殊更衣、防塵マスクの着用などが強いられるが、作業性が悪い上、危険な環境にさらされていることに変わりはない。このような工程への当装置の導入は、発塵元を完全に封じ込め、作業者と環境へのハザード物質の飛散リスクを最低限に抑えることで製品の汚染を防ぐと共に作業効率を高め、全体的な設備・管理コストを低減する。

  • 製品カタログダウンロード
  • 製品に関するお問い合わせ

原理・構造

ハザード物質が飛散する可能性のある工程(サンプリング、測定、充填、粉砕、混合、排出、小分け、装置類の洗浄工程など)で、ハザード物質の曝露部分を完全に封じ込め、作業者や一般環境をハザード物質から隔離する。また、アイソレータ内部のハザード物質が外部へ漏れ出す確率を最低限に抑えるため、物理的な封じ込めと合わせて、内部を陰圧に制御し、不測の事態が発生しても作業者と外部環境をハザード物質から保護できるように設計する。当装置内部へは、HEPAフィルタを経た空気を吸気し、排気には安全のために二重のHEPAフィルタを用いる。使用済みHEPAフィルタは、内部に飛散するハザード物質に触れることなく交換・廃棄できる構造をとる。操作用グローブ類や当装置内部の装置の保守は、封じ込めを解除して行うが、標準仕様では洗浄水で内部を洗浄し、濡れた状態で封じ込めを解除することで、ハザード物質の外部への飛散を防止する方式を採用する。

特長

■OELに合わせた装置の提供ができる。最大30ng/m3以下のレベルまで対応可能である。
 (OEL:作業者に対するハザード物質曝露許容限度)
■三次元CAD、モックアップモデルを活用した装置設計で対応する。
■装置前後工程、ハザード物質の導線を考慮した装置レイアウトができる。
■操作性、洗浄性を考慮した装置の提案ができる。
■グローバル市場での豊富な経験に基づいた技術力をもつ。
■グループ各社の技術を統合した粉体ハンドリング用アイソレータを提供している。
グループ会社が有する粉砕機などの処理装置とアイソレータ技術を独自のノウハウで組み合わせることにより、ハンドリングに優れながらもOELを担保し、かつコストメリットのあるシステムを提供する。

用途例

■標準型アイソレータ

医薬品、化学品など、高活性または毒性のある化学物質を安全にハンドリングでき、かつ周囲環境への影響を最低限に抑えられる。粉砕、混合、小分け、充填などあらゆる粉体プロセスに対応できる。

Fig. 2 標準型アイソレータ

■簡易型アイソレータ フレキシブルコンパクトアイソレータ

研究用、テスト用など前後工程のない用途を対象とした小型アイソレータである。本体カバーに樹脂を使用してコスト削減と納期短縮を実現した。OEL 1μg/m3以下まで対応可能。透明な本体カバーを採用したことで視野が広がり、作業性が向上した。目的に応じてビニール製カバーやアクリルカバーなどを選択できる。

Fig. 3 簡易型アイソレータ フレキシブルコンパクトアイソレータ

■シールドアイソレータ

原子力燃料・放射性物質用アイソレータである。MOX燃料のリサイクル、再加工工程などで部分的に使用される放射能遮蔽機能を付加した特殊アイソレータである。

Fig. 4 シールドアイソレータ

■粉体プロセス用アイソレータシステム

粉砕機、乾燥機、造粒機などを組み込んだアイソレータである。アイソレータ用に特殊設計した粉体プロセス機器とアイソレータを組み合わせた最適な装置を提供する。内部装置の保守作業を考慮し、グローブだけでなく、ハーフスーツなどを組み合わせて作業性の向上を図っている。

Fig. 5 粉体プロセス用アイソレータシステム

  • 製品カタログダウンロード
  • 製品に関するお問い合わせ

製品検索

  • 製品
  • >クリーンルーム
  • >コンテインメント
  • の検索結果一覧

ページトップへ