製品

  1. TOP
  2. 製品
  3. プロセス別検索
  4. 【超微粉砕】カウンタジェットミル ® AFG, AFG-CRS [NEW!]

【超微粉砕】カウンタジェットミル ® AFG, AFG-CRS [NEW!]

概要

対向するノズルから噴出する高速ジェット気流により、原料同士を衝突させて粉砕する流動層式ジェットミルです。

ATP 型分級機を内蔵することで、過粉砕することなく効率の良い粉砕を可能にしました。
大量処理が求められる場合でも、マルチホイール分級機を採用することでスケールアップの問題を解消しました。
また、粉砕部は機械的摩耗が生じないため、摩耗性の高い原料に適しています。
さらに、温度上昇も小さいため、弱熱性物質の粉砕にも適しています。

AFG-CRS は、超高性能分級機を搭載することで、AFGと比較して更なる製品の微粉化を実現しました。

原理・構造

対向するノズルを有する粉砕部と分級部で構成されています。
機内に投入された原料が、対向するノズルから噴出する高速ジェット気流により粉砕室内に流動状態を形成し、かつ粒子は加速されて相互衝突が繰り返され粉砕されます。
粉砕された粒子は気流と共に上昇し、上部の分級ロータで分級されます。

カウンタジェットミル 内部イメージ

粉砕室内のメガジェット・ノズル

カウンタジェットミル 400AFG
ロードセル取付け)

特長

優れた耐摩耗性とコンタミネーションの低減

モース硬度9.5 の粉砕も可能です。耐摩耗対策としてセラミックス製分級ロータや粉砕ノズルケーシング、ゴムラインニングケーシングが選択できます。

FDA 準拠、GMP に対応

低い騒音値

ノイズレベル:85dB(A)以下です。

分級精度を保持したスケールアップ

分級ロータを複数取り付けたマルチロータ型の採用により、製品の品質(粒度分布)を保ったままスケールアップが可能です。
※400AFG 以上の大型機には2 個、3 個、4 個の分級ロータを取り付けることができます。

生産性の向上

粉砕効率(粒子径)に影響を及ぼす機内滞留量をロードセルによる重量モニタ(オプション)によって管理することで、自動制御が可能になります。

分級装置としての使用も可能

粉砕部に分級ケーシングをセットすれば、分級装置として使用可能です。

粒子径調整が容易

分級回転速度を変更するだけで粉砕品の粒子径を調整できます。

ホットエアに対応

高温・高圧エアから生成される高速ガスにより、粉砕性能を向上させることができます。

AFG-CRS 特長

超高性能分級機搭載により、超微粉砕が可能です。

従来型CRと比較して分解・メンテナンスが容易です。

AFG-CRS 分解イメージ

従来機との比較

従来型AFG-CRと同等の最小到達粒子径、粉砕効率

セラミックス仕様により、金属コンタミが回避できます。

マルチホイール化による製品粒子径を保ったスケールアップが可能です。

用途例

  • 電子材料・電子部品材料の粉砕
  • 黒鉛・コークスの粉砕
  • ミネラル類(炭酸カルシウム、タルク等)の粉砕
  • セラミックス原料の粉砕
  • フッ素樹脂の粉砕
  • 窒素及び不活性ガスを用いた希土類金属を含む原料の粉砕
  • 不純物の混入を極端に嫌う製品の粉砕
  • 摩耗性の高い原料の粉砕
  • 弱熱性物質・低融点物質の粉砕

仕様

AFG 仕様

AFG-CRS 仕様

ご質問・ご相談はお気軽にお寄せください