製品

ラボ・測定

オプティサイザ(R) XO オンライン粒子径分布測定機

Fig. 1 オプティサイザ XO

Fig. 1 オプティサイザ XO

概要

製造工程中を流れる粉体の粒子径分布をリアルタイムで連続的に測定し、パソコン画面上でモニタリングできるオンラインの粒子径分布測定装置である。プロセスラインを流れる製品の品質管理では、作業者が定期的にサンプリングし、測定室で粒子径分布を測定する方法が主流だが、不具合が生じた場合、次のサンプリング時まで不良品を作り続けてしまうなどのリスクがある。本装置を用いてライン中の粉体の粒子径分布をモニタリングすることで、品質管理やプロセス管理に要する時間とコストを低減し、生産性や製品競争力の向上に貢献する。また、粉塵爆発性原料を不活性ガス中で処理する場合も、大気中でサンプリングすることなく粒子径分布を測ることができるため、品質管理用測定機として用いることができる。

  • 製品カタログダウンロード
  • 製品に関するお問い合わせ

原理・構造

レーザ回折・散乱法を用いて粒子径分布を測定する。粉体を製造工程中に設置したサンプリングノズルからエジェクタで吸引・分散し、測定セルへ送って粒子径を測定する。測定後の粉体は再び製造工程中へ戻される。測定した粒子径データはパソコンで専用ソフトを用いて表示・解析される。さらに解析データを外部出力し、製造工程をフィードバック制御することも可能である。
本体はレーザ発振部と検出部が一体構造となっており、測定セルの脱着による光軸への影響がないため、測定セルの清掃や交換が容易に行える。独自のエア洗浄方式を採用し、パージエアやシースエア、セルクリーニングエアによって粉体が測定セルに付着しにくい構造となっている。

Fig. 2 フロー

特長

■オンライン粒子径分布測定
製造工程からサンプリングを自動で連続的に行うため、人的コストを削減できる。測定後の粉体は再び製造工程に戻るので製品ロスがない。また、リアルタイムにモニタリングすることで、製造工程の最適化による製造能力の向上や品質の最適化、エネルギーコストの削減が図れる。不測のトラブルが生じた場合も迅速な対応ができる。

■軽量で頑丈なボディ
本体はアルミ製で軽量かつ頑丈にデザインされている。幅広い温湿度環境に対応し、劣悪な環境でも安定した測定ができる。

■分解・洗浄が容易
独自のクリーニング構造を持ち、サンプルセルに粉体が付着しにくい構造となっている。測定セルは光軸に影響を与えずに取り外せ、清掃の度に光軸調節する必要がない。

■使い易い操作ソフト
多くのパラメータの解析が可能で、カスタマイズした個別グラフや重ね書きグラフでモニタリングできる。測定間隔や平均化間隔なども簡単に設定できる。ソフト上でシーケンスファイルを作成し、測定準備から測定までをボタンひとつで行うこともできる。

■豊富なサンプリングノズル・耐摩耗ノズル
多様な粉体およびプロセスラインに対応できるようさまざまな形状のサンプリングノズルを揃える。また、摩耗しやすい箇所にセラミックスを用いた耐摩耗パーツもオプションで準備する。

■ISO13320(レーザ回折散乱法、粒子径分布測定)対応

■防爆防滴レベルIP65対応

■防爆:ATEX指令対応(オプション)

Fig. 3 粒子径のリアルタイム測定

Fig. 4 重ね書き

Fig. 5 散乱強度

用途例

空気や不活性ガス雰囲気の製造工程中を流れる多様な粉体の測定が可能である。トナー、粉体塗料、電池、磁性材料、染料、樹脂、ワックス、ポリマ、医薬品、触媒、金属粉、シリカ、はんだ、セメント、食品などさまざまな分野で利用される。また、オプションで湿式の連続粒子径分布測定も可能である。

仕様

Table 1 仕様

  • 製品カタログダウンロード
  • 製品に関するお問い合わせ

製品検索

  • 製品
  • >ラボ・測定
  • >測定
  • の検索結果一覧

ページトップへ