製品

造粒

アグロマスタ(R) AGM-PJ 流動層式造粒機

Fig. 1 アグロマスタ AGM-35PJ

Fig. 1 アグロマスタ AGM-35PJ

概要

AGM-PJモデルは、独自のスリット付円盤を使用した転動造粒と攪拌羽根を使用した攪拌造粒の機構を組み合わせたバッチ式流動層式造粒機である。粉体原料の混合、造粒、乾燥操作を1サイクルとし、造粒条件の調整により、粒子径・かさ密度をコントロールすることができる。

  • 製品カタログダウンロード
  • 製品に関するお問い合わせ

原理・構造

造粒部は,造粒目的に応じて,通気分散板の直上にアジテータもしくはロータディスクを装着する。流動化空気はこのロータディスクに設けた通気スリット,およびそのロータディスク外周部を通して粉体層へ供給され流動層を形成する。この通気による流動化とロータディスクの回転に伴う転動作用によって,原料粉体は転動流動化状態を呈する。粒子層を通過した空気を伴う粒子群は,流動層上部のフィルタバックでろ過される。凝集造粒や表面改質用の液体バインダの供給には,目詰まり防止機構付きの2流体ノズルが用いられる。このスプレーノズルは,層内粒子群の上方に設置するトップスプレー方式や造粒ケーシングの側壁部に層内に向かって取り付けられたサイドスプレー式が目的に応じて使用される。

Fig. 2 スリット付き回転円盤の構造

「対向流式パルスジェット分散機構」を特長とし、転動流動層造粒法に付加的に使用が可能である。この機構は、造粒ケーシングの側壁に流動層の中心に向かって複数本のジェットノズルを向かい合わせて等間隔に取り付け、間欠的にエアジェットを流動層の中心に吹き込むものである。この分散機構は、一部過大造粒物の解砕を進め、均一な最終造粒品の生成を助ける。

Fig. 3 対向流式パルスジェットの構造

特長

■多機能性
一台で混合・分散・造粒・コーティング・解砕・乾燥の処理が可能
■対向流式パルスジェット機構を搭載
・50μm以下の微細造粒
・10μmの微細粒子のコーティング
従来困難であった粒子制御が可能になった。
■造粒効果の種類
・流動層造粒:機内流動による凝集造粒
・攪拌造粒:攪拌羽根による攪拌造粒
・転動造粒:回転円盤上で転動させる圧密造粒
・パルスジェット効果:粒子に分散効果を与え粒子径・形状などを制御
■造粒時間の短縮
■省スペース、省力、省コストと効率化を実現

用途例

Table 1 用途例

Fig. 4 アグロマスタ AGM-PJ型フロー

仕様

Fig. 5 AGM-PJ外形図

Table 2 仕様

  • 製品カタログダウンロード
  • 製品に関するお問い合わせ

製品検索

  • 製品
  • >造粒
  • >バッチ
  • の検索結果一覧

ページトップへ