PLGAナノ粒子 実用例(育毛剤)

DDSに基づくナノ粒子を応用した技術

先端医療技術とナノテクノロジー技術を活用した育毛剤です。

PLGAナノ粒子+DDS(Drug Delivery System) PLGAナノ粒子

ナノ粒子を育毛剤ローションと混ぜて使用する新発想タイプです。

育毛成分を封入した「PLGAナノ粒子」は、生体・頭皮になじみ易く、160nmと極小サイズであるので、毛穴の入口を通り、毛根にある毛母細胞・毛乳頭まで成分を確実に届け、そこで長時間成分を放出し続けてくれる、従来の育毛剤とは異なる、ナノ粒子技術(DDS)を採用。

PLGAナノ粒子はヒト頭皮毛穴への浸透性に極めて優れる

液体の育毛剤(従来技術)

イメージ図

液体の育毛剤(従来技術)イメージ図

ヒノキチオール分酸液(水)

ヒノキチオール分酸液(水)

育毛剤の浸透は不十分、毛乳頭まで 届いていない?
育毛成分も奥に届かなければ効果は薄い

持続時間:1~2時間後には消失

DOS型育毛剤

イメージ図

DOS型育毛剤イメージ図

ヒノキチオール封入PLGAナノ粒子分酸液(水)

ヒノキチオール封入PLGAナノ粒子分酸液(水)

PLGAナノ粒子自身の浸透力に加え、粒子の懸濁により液体の表面張力も下がり毛乳頭まで液体成分が届きやすい。

持続時間:10時間以上持続

検証写真:塗布4hr後の評価、人皮膚片:40歳女性、頭部、ヒノキキチオール濃度:0.036%、
適用量:20μL/cm³、評価:県立広島大学・生命環境学部/三羽研究室

DDS型育毛剤による育毛実験 男性モニター 3ヶ月 使用時

育毛実験 評価グラフ
【評価機関・評価者】
理髪店
(大阪府、理髪師・毛髪診断士)
【モニターの毛髪状態】
正面から天頂部にかけて薄毛、縮毛矯正、ここ5年で特に天頂部付近の脱毛が進行
【評価法】
脱毛数、脱毛根の顕微鏡による
携帯評価等
【塗布サンプル】
DDS型育毛剤
一日1回(夜)、4ml塗布
1.
使用前まではシャンプー後は髪が大量に抜け落ちていた。この抜け毛は使用2週間で激減、ほとんど抜けなくなっている。
2.
2ヶ月経過後からは産毛が増大する。毛根検査でも産毛が抜けておらず、若い毛髪の定着率が改善され、抜けにくい毛髪が成長(ヘアサイクルの成長期が延長)している。
3.
産毛や軟毛の中で太い毛が増加する。初期は細い毛が大半であったが、8月末の時点で太い毛の含まれる割合が増加してきた。長さが3cmしかないのに、太さが0.08mmの太さ の毛も出てきている。
4.
夏の終わりは抜け毛が増える時期であるが、この期間の抜け毛が100本以下の状態で推移した。