ニュース

2020年11月2日

当社が製剤と粒子設計シンポジウムの技術賞(川島嘉明賞)を受賞

製剤と粒子設計シンポジウムは、粉体工学会の部会の一つである「製剤と粒子設計部会」が開催している、新しい製剤設計、製品開発を目指して、製剤・素材・機械および関連技術に関する活発な情報交換が出来る研究・技術発表会です。
(粉体工学会のウェブサイトはこちら。製剤と粒子設計部会のウェブサイトはこちら。)

このたび当社が同シンポジウムの技術賞*(川島嘉明賞)を受賞いたしました。
当社営業部のメンバーが、技術に関する栄えある賞を受賞するのは初めてのことです。
今後とも、多くの人たちにお力添えを頂きながら、社会に貢献すべく邁進していきたいと存じます。

*技術賞:技術分野及び実用的分野に対する発表の充実を期するために設けられた賞です。

 

受賞テーマ:「乾式コーティング装置 ノビルタ

受賞者:安田真人(発表者)、東光明(共同発表者)、瀧野康博(共同発表者)

受賞理由:

・粒子加工技術の向上への貢献、技術の進歩性、新規性、適応性の点で見て合致するものとのご評価。
・医薬業界だけではなく、幅広い業界で認知されている技術であり、それを医薬品に展開した功績及び納入実績に対して。
・本技術が業界で注目される前から、活発に新技術として学会での発表をしてきた事(直近では、3年連続で発表)に対して。

なお今年はコロナ禍により大会は行わず、岐阜薬科大学 三田洞キャンパス 先進製薬プロセス工学研究室にて授与式が実施されました。

 

竹内名誉教授と受賞者全員  

代表者(安田)による受賞の様子
(部会長である岐阜薬科大学 名誉教授、特命教授
先進製薬プロセス工学研究室  竹内洋文特任教授より拝受)

安田、竹内 部会長、瀧野、東  
賞状  
賞状  

 

医薬品への適用例は「粒子設計」や「OD錠(口腔内崩壊錠)」のページでご覧いただけます。

NOB-MINI  ノビルタ 小型機0.5Lバッチ
NOB-MINI(20~50mLバッチ) NOB-130(500mLバッチ)

 

 

 

 

一覧に戻る

ページトップへ