ニュース

2018年1月5日

社長年頭所感

”和”を尊ぶ職場環境と権限の委譲によって人材育成を促進する

前年度は過去最高益を上げることができましたが、粉体技術のトップ企業であり続けるためには、
世の中にない新しい製品・技術を開発して更に業績を伸ばすと共に、生産・管理の効率化を進めていくことが必要です。
しかし、それは容易なことではなく、実現するためには新たな工夫と挑戦が不可欠です。
どんな仕事も常に前向きに進め、的確なタイミングで報告・連絡・相談を行い、全員が同じ目的に向かって
一丸となって努力することが重要です。

また、今年は“和”を念頭に、社員一人一人が互いに敬意を払って協力し合う関係の構築を図ってもらいたい。
組織の中で自分のなすべきことは何かを権限と責任に基づいてじっくりと考え、即実行に移してほしい。
人材の育成を促すためには、上司は部下への権限委譲を進め、任せた結果を恐れず、温かく見守る姿勢が大切です。
円滑な報・連・相による組織の和を通じて、人材が育ち、組織が活性化していくのです。

今まで培ってきた力を基に、これからも地道に前向きに努力を重ね、和をもって全社一丸となってベクトルを合わせ、
年度計画の達成を目指そう。

                                                    以上

一覧に戻る

ページトップへ